中園ミホの夫や息子は?シングルマザーの理由と年収や経歴を紹介

Sponsored Link

こんにちは♡いろはです♡   どうでも良い話なんですけど、2月28日から3月1日になると 気分的に春になるのは何でなんでしょうねぇ・・・。   さて、...

こんにちは♡いろはです♡

 

どうでも良い話なんですけど、2月28日から3月1日になると
気分的に春になるのは何でなんでしょうねぇ・・・。

 

さて、今日は私が大好きな脚本家の
中園ミホさんについて書きたいと思います♪

 

元々ヒット作を生み出す脚本家として有名でしたが、
朝ドラ「花子とアン」の脚本を担当したことで
更に注目されるようになりましたよね。

 

中園ミホ 画像 花子とアン

 

そして、今年4月から始まる
堺雅人さん主演の「Dr.倫太郎」
脚本を担当しているのも中園さんです。

 

もう、楽しみでたまらない♡

 

そんな中園さんは未婚の母なのですが、
どういった経緯でそうなったのか気になりました。

 

それから、これだけ有名になると
収入はどれくらいなのかなーなんて・・・♡笑

 

今日は中園ミホさんについて書きますね♡

 

Sponsored Link

 

中園ミホのプロフィール

中園ミホ 画像1

名前:中園ミホ(なかぞのみほ)
本名:中園美保
生年月日:1959年7月16日
出身地:東京都
学歴:日本大学芸術学部

 

中園ミホの経歴について

中園さんは、10歳のときに父親、
19歳のときに母親を病気で亡くしています。

 

孤独で荒れた生活を送りながらも
ドラマを食い入るように見て、
そのときだけは素の自分になれたのだそうです。

 

人生は辛い時ほどドラマのセリフが響く
と感じたことが何度もあったそうです。

 

大学卒業後は広告代理店に入社し、
そのときに同僚が申し込んでいた
シナリオ講座
に行けなくなってしまい、
代理でノートをとるために講座を受講したことが
後に脚本家となるきっかけの一つとなりました。

 

広告代理店を退職した後は、
コピーライターや占い師などの職業を経験します。

 

その後脚本家・田中陽造氏の清書係に就いたことや、
同じく脚本家の桃井章氏(桃井かおりさんの兄)
との出会いがきっかけとなり、
1988年に「ニュータウン仮分署」で脚本家デビュー。

 

元々脚本家の知り合いが多かったという中園さんは、
ある脚本家に一目惚れしその人と会うために
脚本家になったと話していますが、
それから2年後には脚本家としてデビューしているので
良くも悪くも、何にでも相当のめり込むタイプの性格のようです♡

 

(私は、この人が息子さんの父親なのではないか
なんて思っているのですが、真相はどうなのでしょう・・・。)

 

一時出産や子育てで脚本活動を中断しますが、
1995年の月9ドラマ「For You」で復帰。

 

その後「やまとなでしこ」「ハケンの品格」
「家政婦のミタ」「Doctor-X 外科医・大門未知子」
など数々の代表作を生み出し活躍しています。

 

「働く女性」目線で書かれた作品が多く、
私の好きな作品は後から脚本家を調べてみると
中園ミホさんのものばっかりです♡

 

シングルマザーの理由と夫と息子について

34歳で息子さんを出産した中園さん。

 

息子さんについて気になる方が多いようなので調べてみました。

 

現在中園さんが55歳なので、
息子さんは21歳で大学生だそうです。

 

中園さんのように脚本家を目指しているのかはわかりませんが、
無口であまり中園さんのドラマに対して評価してくれない様子。

 

身近にいる最もシビアな視聴者と語る中園さんですが、
それでもまれに褒めてくれることがあるそうでそのときはとても嬉しいみたい♡

 

男の子ですからね、母親にべったりするのもどうかと思うのでこれくらいが良いと思いますが、
母親の努力や苦労を見ていないようでしっかり見ているのでしょうね〜。

 

中園さんは迷った末に出産を決めたそうですが、
自分のこれまでの人生の中で最良の決断だったと言っています。

 

母親になるまで自分のことが嫌いだったそうですが、
生まれたばかりの息子がまだ見えていない目で
自分に訴えているように思えたのだとか。

 

俺もあなたも大丈夫なのか、と。

 

その瞬間、脚本家という仕事の辛さから
もう逃げないと決めたそうです。

 

そして、子供を産んだからには死なせるわけにはいかないと、
一人で生きようとせずに周りに助けを求めることも
できるようになりました。

 

ご近所や保育園でのつながりには
とても感謝していると言っています。

 

自分は自転車に乗れなかったのに、近所のお父さんがいつの間にか
息子さんに自転車の乗り方を教えてくれていたこともあったそうです。

 

中園さんの一生懸命な姿が周りをそうさせたのだと思いますが、
ご近所付き合いなどが希薄になった今でも
人との繋がりは大切にしていきたいですね♡

 

夫や旦那という表現はおかしいのかもしれませんが、
お相手の男性についてはやはり何も情報がありませんでした。

 

未婚の母となった経緯についても多くは語られておらず、
相手に認知されなかったので子供を一人で育てながら生きていくためには
自宅でできる脚本家という仕事しかないと思ったそうです。

 

当時は本当に辛かったのだと思いますが、
今ではその経験も明るく話している中園さん。

 

シングルマザーとしての経験が作品に生きている
「For You」も、多くの共感、評価を得ています♡

 

中園ミホの年収を調べてみた

中園ミホ 画像

 

中園さんは、デスクの上に常に現金を置いているという変わった方のようです♡笑

 

どういうことかというと、
仕事のことだけを考えると辛くて嫌になってしまうので、
その報酬(ギャラ)をデスクの上に見えるように置いているのだとか(笑)

 

「花子とアン」のときには
1週間分のギャラを置いて脚本を書いていたらしいです。

 

「現金が好き!」と笑顔で言っていましたが、
これまでの度重なる苦労から稼がなければならない
という意識が常にあるのでしょうね。

 

さて、そのギャラというのが気になって調べてみたのですが、
中園さん個人の情報ははっきりとわかりませんでした。

 

基本的に脚本の料金は「一話あたり何円」
「放送時間の1分あたり何円」
「ひとつのプロジェクトあたり何円」
などと決められているようです。

 

脚本家の実績や人気にもよるようですが、
ラジオでは一本十万円程度、
一時間程度のドラマでは一本100万円前後が一般的。

 

それが、売れっ子の脚本家であれば数百万円になりますし、
シリーズ化されると一千万を超えるそうなので、
中園さんもかなり稼いでいらっしゃると思います。

 

花子とアンのときには
1週間分のギャラを積・ん・で・い・たそうなので、
おそらく15分ドラマといえど100万円の束が
いくつかあったのではないでしょうか…♡?笑

 

脚本の仕事やテレビ出演、本の出版や雑誌のインタビュー、
更には日本大学芸術学部客員教授も務める中園ミホさん。

 

年収はその年の作品数によって変動が大きい気がしますが、
億はいかなくとも数千万円はあるでしょうね。

 

とはいえ、脚本家という仕事はとても辛く、
好きでないとやっていられないとも言われます。

 

女優さんが「こんなセリフ言えない」と言えば書き直し、
制作側の都合で夜中に呼び出されたりすることもあるようです。

 

中園さんの場合は脚本家として有名ですので
今ではそういった扱いはないのではと思いますが、
これまで多くの苦労があったことがわかりました。

 

全てを苦労と言って「大変でしたね」
と言うのも何か違うと思いますが、
中園さんの生き方はとても面白いと思います。

 

私は、なかなか人ができない経験があったからこそ、
テレビを見ている私たちに伝わるものがあると思っています。

 

「働く女性」をテーマにした作品に私が心動かされるのも、
中園さんの生き方や考え方が反映されているからなのかな。

 

「Dr.倫太郎」の決め台詞は何だろう・・・♪

 

今後の作品も楽しみですね♡

 

ではまた明日〜♡

Sponsored Link

PREV:みかん(ものまね芸人)の激痩せダイエット方法とは?画像で比較!
NEXT:中園ミホが批判される理由や評判は?アンチ漫画?占い師の経歴とは

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です