宗佑磨(むねゆうま)の出身中学や高校は?彼女や兄弟はいるの?

Sponsored Link

オリックスが今秋のドラフト会議で 横浜隼人高校の宗佑磨選手を 指名することがわかったそうですね!   どうやら高校生の中でも 群を抜いた身体能力が ...

オリックスが今秋のドラフト会議で
横浜隼人高校の宗佑磨選手
指名することがわかったそうですね!

 

どうやら高校生の中でも
群を抜いた身体能力が
高く評価されているようで、
他球団もリストアップしている
魅力的な人材だそうです。

 

「ハマのムネリン」とも呼ばれ、
みんなから愛されている選手のよう。

 

宗選手について
気になったことを調べてみました☆

 

Sponsored Link

宗佑磨のプロフィールについて

宗佑磨 画像1

名前:宗佑磨(むねゆうま)
生年月日:1996年6月7日
出身地:東京都武蔵野市
身長:181cm
体重:75kg
ポジション:遊撃手
投打:右/左

 

ギニア人の父親と
日本人の母親の間に生まれた
ハーフの宗選手。

 

宗選手は広角に打ち分ける左打者で、
打撃センスが高評価されています。

 

ハマのムネリンと呼ばれていますが
本家ムネリンと同じく右投げ左打ち。

 

憧れの野球選手はイチロー選手
だそうで、ムネリンとの共通点も
多いようです(笑)

 

宗選手の魅力は
立ち幅跳びで2メートル69を
記録するほどの「天性のバネ」

 

オリックスではこの身体能力を
徹底調査し、将来性に
目をつけていたそうです。

 

「全身バネのよう」などと
評価されていているようですね。

 

また、50メートル走5秒8という
陸上部並みの俊足に驚きです!

 

出身中学校や高校と野球の経歴は?

宗佑磨 画像

 

小学校3年生のときから
野球を始め、遊撃手兼投手
として活躍してきました。

 

出身中学校は、
鎌倉市立玉縄中学校です。

 

中学時代は、
軟式野球部に所属していました。

 

そのためか、高校入学当初は
荒削りな選手と言われていたようです。

 

現在、横浜隼人高校
3年生の宗選手。

 

スポンジのような吸収力で、
並みの選手なら
1週間かかることを3、4日で覚え、
1年生の頃からレギュラーで出場し、
走攻守それぞれ
高い評価をされていました。

 

入学当時は64kgだった体重も、
今では75kgになっています。

 

一日3食に加えおにぎり20個を
食べ続け、最初は気持ち悪く
なっていたもののだんだんと
慣れてきたようです。

 

食べる量も一日3合から5合に増え、
それがパワーの源となって
2年生のときから本塁打を
量産しています。

 

インパクトはあまりないですが
ブレが少ない安定したフォームで
横浜隼人高校では
アベレージヒッター、
中距離打者という位置づけでした。

 

今年6月に右膝の膝蓋骨骨折
で負傷しましたが、
今はその影響もなく
プレーできているようです。

 

彼女や兄弟はいるの?

気になったので
調べてみたのですが、
やはり情報が少なく
何もそれといった話題は
ありませんでした。

 

ただ、彼女がいるのかな?と、
なんとなく気になって
しまうんですよね(笑)

 

きっとこれからファンが増えて
ハマのムネリン押しの子も
増えてくると思います。

 

それらしき情報が見つかれば
追記していきますね。

 

また、兄弟についても
調べてみたのですが、
特に情報が出てこないので
一人っ子なのかな?と思います。

 

違ったら訂正しますので
誰か教えてくださいね!

 

ドラフト結果が
どのようになるか楽しみですが、
一番は宗選手自身が
自分を活かせる環境で
力を発揮することだと思います。

 

まだまだこれからですので、
ぜひプロ野球界を盛り上げる
選手に成長してほしいですね。

Sponsored Link

PREV:ロビン(モデル)の本名は古屋呂敏?出身高校や大学について!
NEXT:野津田岳人の彼女や兄弟は?父親とプレースタイルをチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です