王子谷剛志の父親や性格は?大阪での柔道歴と出身小中学校について

Sponsored Link

アジア大会の注目選手として 話題になっている王子谷剛志選手。     名前もなんだか強そうですが、 100kg超級ということで 面白い戦いが期待でき...

アジア大会の注目選手として
話題になっている王子谷剛志選手

 

王子谷剛志 画像2

 

名前もなんだか強そうですが、
100kg超級ということで
面白い戦いが期待できそうです。

 

柔道の選手は体格が大きいので
年齢がピンとこないのですが、
現在22歳の王子谷選手。

 

意外と若かった(笑)

 

どんな選手なのか
気になったので調べてみました☆

 

Sponsored Link

 

王子谷剛志のプロフィールや経歴について

王子谷剛志 画像

名前:王子谷剛志(おうじたにたけし)
生年月日:1992年6月9日
出身地:大阪府泉佐野市
身長:186cm
体重:137kg(2014年5月)

 

7歳の頃に父親の影響で
柔道を始めた王子谷選手。

 

柔道を続けるために
大阪から神奈川の中学へ進学し、
その後頭角を現します。

 

中学生の頃は全国大会の
個人戦や団体戦で何度か上位に
入ったものの、優勝までには
至らなかったのだとか。

 

しかし、練習と努力を積み重ね
高校3年生のときには
インターハイの個人戦で優勝。

 

更に全日本ジュニアで優勝し
世界ジュニア代表に選出され、
世界ジュニアでも優勝します。

 

世界ジュニアでは2連覇を達成し、
2014年に入ってからは
全日本選手権でも優勝。

 

全く無名の選手から
一気に注目選手となりました。

 

出身小学校や中学校はどこ?

小学生の頃は、
府大会で2位が最高記録だった
という王子谷選手ですが、
どこの小学校に通っていたのか
気になって調べてみました。

 

しかし、公表されておらず
はっきりしたことはわからず…。

 

泉佐野市出身なので
その辺りの小学校だと思います。

 

小学生の頃は
やまびこ少年柔道クラブに所属し
柔道の経験を積んでいたようです。

 

そして、もっと力をつけるために
神奈川の東海大相模中学校へ。

 

そのまま東海大相模高校へ進学し、
現在、東海大学に在学しています。

 

父親が話題?

王子谷選手が柔道を始めた
きっかけとなったのは、
柔道五段で大阪府警に勤めている
父親の王子谷高次さんでした。

 

小学校入学前から
シドニーオリンピック金メダルの
井上康生選手(現在の師匠)などの
試合の映像を何十回も見せられ、
その姿に憧れてきたそうです。

 

幼いころは不器用で
前回りや受け身もできなかった
という王子谷選手。

 

家で布団を敷いて
父親の指導の元に何度も
受け身の練習を繰り返しました。

 

小学生の頃は払い腰が
得意だったようですが、
中学生の頃に監督から
「払い腰では世界に通用しないから
大外刈りを磨くように」と言われ、
それからは大外刈り一本で
練習に打ち込みました。

 

息子の成長した姿を見ることができて、
お父さんもとても嬉しいでしょうね。

 

性格が変わった?

王子谷剛志 画像1

 

王子谷選手の性格について
調べてみると、
引っ込み思案で遠慮がち、
おっとりしていて優しすぎる
とよく書かれています。

 

癒し系と言われるだけあって
その笑顔にはなんだか
見ているこちらも癒やされますよね。

 

しかし、この優しい性格が原因で
結果が伴わず伸び悩んでいたのだそうです。

 

苗字が「王子谷」ですが、
「王子」にはまだ早いからお前は
「玉子谷」だ、と中学時代から
アダ名をつけられていたのだとか。

 

そんな王子谷選手ですが、
東海大学柔道部の
主将に指名されてからは、
責任感から積極的になり
試合で激しさも出てきました。

 

そして全日本選手権での初優勝。

 

アジア大会でも
結果を出すと意気込んでいます。

 

これにはメディアでも
玉子の殻が破れて自信がついたのでは?
と言われ、王子谷選手自身も
その成長を感じている様子です。

 

努力家で地道にやってきた
王子谷選手ですから、
アジア大会でも初心を忘れずに
試合に臨めるのではないでしょうか。

 

良い結果を出して
嬉しそうな癒し系の笑顔が見たいですね。

Sponsored Link

PREV:野津田岳人の彼女や兄弟は?父親とプレースタイルをチェック!
NEXT:岩波拓也の彼女やピアスが話題?スピードの評価や年俸をチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です