野田秀樹の妻が話題!結婚と離婚理由を調査!失明原因や経歴まとめ

Sponsored Link

こんにちは、いろはです。   今日は3月11日。   4年前、テレビで見た映像は今も鮮明に覚えています。   その2年後に仕事の都合で北関東に住...

こんにちは、いろはです。

 

今日は3月11日。

 

4年前、テレビで見た映像は今も鮮明に覚えています。

 

その2年後に仕事の都合で北関東に住むことになりましたが、
近隣の県に避難してきた人たちや風評被害などで苦しむ人たちの話を聞いて
胸が締め付けられる思いでした。

 

東日本大震災で命を亡くされた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

さて、今日は演出家の野田秀樹さんについて書こうと思います。

 

野田秀樹 画像

 

演出家だけでなく、劇作家、俳優、一人で3役をこなし続ける59歳です。

 

野田さんの新作舞台のチケットは即完売するほどだといいます。

 

トップ俳優たちが舞台への出演を熱望し、
各界の著名人とも交友があるという野田さん。

 

プライベートについて気になったのですが、2度結婚されているようですね。

 

野田秀樹さんについて気になったことを調べてみました♡

 

Sponsored Link

 

野田秀樹のプロフィール

野田秀樹 画像

名前:野田秀樹(のだひでき)
生年月日:1955年12月20日
出身地:長崎県
職業:劇作家、演出家・役者
東京芸術劇場芸術監督
多摩美術大学教授

 

野田秀樹の経歴について

まず野田さんはどんな方かというと、東京大学で演劇研究会に所属し
在学中に「劇団 夢の遊眠社」を結成した方です。

 

主宰である野田さんの戯曲作品を上演し、
早くから学生劇団の有望株として注目されていました。

 

その人気はつかこうへい事務所に続く新しい劇団として
若者を中心に支持を受け、一大ブームを巻き起こすまでに。

 

在学中に数々の名作を生み出します。

 

1983年には「野獣降臨」で演劇界の芥川賞
という異名を持つ岸田国士戯曲賞を受賞。

 

1987年のエディンバラ国際芸術祭に劇団夢の遊眠社が招待劇団として参加し、
その後はニューヨーク国際芸術祭へも参加します。

 

しかし、劇団の評判は良かったものの
だんだん自分が思う夢の遊眠社のスタイルではなくなってきたようで、
野田さんは1992年に劇団を解散します。

 

そして、野田さんはロンドンへ留学。

 

創設から解散までの公演回数は43回、総ステージ数は1205回、
総観客数は812790名でした。

 

翌年帰国してからは演劇企画制作会社NODA・MAPを設立。

 

「キル」「パンドラの鐘」「オイル」「THE BEE」
「パイパー」「ザ・キャラクター」「南へ」「エッグ」など
次々と話題作を発表します。

 

故 中村勘三郎丈と組んで歌舞伎の脚本や演出を手がけたり
海外の演劇人と作品を創作するなどその活動は国内外を問いません。

 

2009年に名誉大栄勲章OEBを受勲。

 

2011年には紫綬褒章を受章しています。

 

野田秀樹の妻と2度の結婚について

野田さんは、2度結婚しています。

 

つまり、一度離婚を経験されているということです。

 

1986年に女優の竹下明子さんと結婚しますが、
翌年離婚してしまいます。

 

竹下明子 画像

 

竹下さんは夢の遊眠社で解散まで主演女優として活躍していた方です。

 

離婚の理由について調べてみたところはっきりとした情報はありませんでしたが、
竹下さんと結婚してからの野田さんの作品はしっくりこないというか
どこか輝きを失った感じだったのだとか。

 

その結果として遊眠社が解散したのではないかという説もあるようです。

 

こういう表現をする方たちってプライベートが仕事に影響して
離婚になるケースが多いように思いますね。

 

詳しい事情は当人たちにしかわからないことですが、
演出家野田秀樹として生きるためには必要な選択だったのかもしれません。

 

その後は舞台の関係で大竹しのぶさんと5年間同棲し、
娘のIMALUさんとも一緒に暮らしていたそうですが、
結婚には至らず破局しました。

 

大竹しのぶ 画像

 

IMALUさんが幼稚園のときから小学生ぐらいまで一緒に住んでいたため
IMALUさんにとっては唯一の父親的存在だったようなのですが、
うまくいかなかったようですね。

 

私、これにはびっくりしました。

 

IMALUさんが野田さんを慕っている様子がうかがえるので
さんまさんよりは良い組み合わせだったのかもしれません・・・。

 

そして、最終的に女優の藤田陽子さんと結婚し、
53歳のときに第一子が誕生しパパになっています。

 

藤田陽子 画像

 

2005年春に知人の紹介で25歳年下の藤田さんと出会ったそうで、
その年の12月に結婚したそうです。

 

歳の差スピード婚ではありますが、おしどり夫婦と評判だそうですね。

 

50代になるとやっぱりプライベートで一人は寂しくなるのかな?
なんて私は考えましたが、結婚はタイミングも重要だと思いますし
お互いのことを尊重して支え合うことができていれば良いと思います。

 

うーん、私は結婚するのだろうか・・・。

 

それほど結婚願望は強くないですが、
老後に一人は嫌だなぁとか考えてます(笑)

 

すみません、どうでも良い余談でした♡

 

野田秀樹の失明の理由は?

野田秀樹 画像1

 

野田さんについて調べていると、失明という情報が出てくるのですが、
右目は全く見えないのだそうです。

 

目の血管が詰まる病気ということで、網膜中心動脈閉塞症というそうです。

 

夢の遊眠社が人気が出だして経済的なバブルが始まった頃、
劇団は大忙しで野田さんも常に劇団のことを考え
ストレスで十二指腸潰瘍にもなったそうです。

 

芝居の最中には暗転中にスタッフと衝突して鼻を骨折したり、
舞台ではしごから転落して腎臓が破れたこともありました。

 

そして、そんな状況の中、
1989年、突然目の前が真っ暗になり失明しています。

 

そのときの様子を、カメラのシャッターがおりたようだと話しています。

 

網膜中心動脈閉塞症になる原因の多くは動脈硬化です。

 

高血圧や糖尿病、高脂血症が原因で
網膜に通っている動脈の血管の壁が厚く硬くなり、
接している静脈を圧迫して静脈内に血栓ができて
血流がせき止められてしまいます。

 

どの静脈が詰まるかによっても症状は違ってくるようですが、
極度の忙しさと度重なるストレスで身体が悲鳴を上げていたのでしょうね。

 

ですが野田さんは、失明しても演劇をやめようとは思わず
むしろどうやって活かそうかと考えました。

 

そしてそれは、野田さんの代表作の一つでもある
「ライトアイ」という作品に命を吹き込んでいます。

 

この作品に対する記事がありましたので、抜粋させていただきました。

 

右目を失うことは、じつは、そのまま左目だけの男として生きていくこととは違う。
ほんとうは、左目はこれまで、右目を当てにして存在してきたからだ。
レフトアイの野田が、ライトアイに攻撃をくわえればくわえるほど、
正しさというニックネームの「右目」がなぜ人間に標準装備されているのかという
疑問が浮かび上がってくるはずだ。
野田秀樹はそれを知っている。

 

まだまだ調べ足りないと思いますが、
野田さんの作品を通して生き方や考え方に少し触れてみるだけで
ものの見方が全く変わってくる気がします。

 

右目を失明していてもそう見えず、野田さんの表情がとても豊かに見えるのは、
野田さん自身から湧き出ているオーラのようなものなのかもしれません♡

 

野田秀樹さんについて調べてみて、
ぜひ公演に行ってみたいと思いました。

 

では、また明日♡

Sponsored Link

PREV:新垣渚の現在とヤクルトでの活躍は?嫁や年俸と暴投王の理由を調査
NEXT:谷澤恵里香の体重がリバウンド?8時間ダイエットで痩せた内容を紹介

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です